兵庫国際準決勝

兵庫国際準決勝第一シードの中国のL i選手にチャレンジした久保杏夏はファイナルセットで惜しくも敗れベスト4に終わった。

杏夏負けはしたが6351までリード、110位の選手を圧倒する力を見せたがセカンド、ファイナルセットを通して合計5回のマッチポイントをとれず逆転を許した。ファイナルセットでもタイブレークまでもつれた試合だっただけにまた最高のレベルアップに通じる一戦となった。

最後の1点を取った選手がその試合の勝利者だが勝敗とは別にどれだけ戦えたか最後まで戦ったかがレベルアップへの最大の鍵だ。負けた方が多く学んでいる場合が多くより大きな舞台での勝利を目指して日々努力するだけだ。

白子でRSK関東の大会前日練習と試合前の練習で選手達をプッシュした後兵庫に戻り午後の練習だ。今日も長く充実した1日だった。

 

恒例のキャンプ開催!

多彩そして本番の試合でタフに戦う技術、メンタルを磨くキャンプです!

921日から5日間

白子カアナパリホテル

詳しくは

https://sites.google.com/site/teamyonezawa/

お問い合わせは

yonetennis@gmail.com

08067300868

米沢まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロテニスプレイヤー近藤大生オフィシャルブログ|プロテニスプレイヤー近藤大生オフィシャルブログ – Be Happy ! –