中国遠征、ユニバーシアード大会結果報告

皆さんおはようございます!

こちらの事情で、久々の投稿となってしまいました>_<申し訳ありませんでしたm(__)m

 

さて、まず中国遠征の結果は以下の通りとなりました。

・中国フューチャーズ一週目(2万5000ドル)

シングルス 一回戦、ダブルス ベスト4

・中国フューチャーズ二週目(2万5000ドル)

シングルス 二回戦、ダブルス 二回戦

 

二週共残念な結果で終わってしまいました。実は、中国遠征に入った初日から腹痛や吐き気が出てしまう状態になってしまい、更に一回戦の前日から肋を痛め、サービスやスマッシュの動作に不満を抱える形でのプレーとなってしまいました。

テニス自体の調子は良い状態だったのですが、結局腹痛も肋の痛みも二週間続いてしまい、パフォーマンスが落ち、このような結果となってしまいました。

 

中国遠征が終わり、怪我の回復に専念したいと思っておりましたが、二週間後にユニバーシアード大会があり、それまでは怪我の状態のご報告を控えたかったので、更新を本日とさせて頂きました。

 

という事で、8月中旬からユニバーシアード大会に出場して参りました!

ユニバーシアード大会というのは、各国の大学生が国の代表として出場する大会であり、トーナメント式で個人個人決められた種目に出場し、メダル獲得を目指す大会です!

私は去年の3月に大学を卒業しておりますが、卒業して2年まで出場でき、28歳まで参加可能というルールの為、今回も選抜して頂き出場しました!

私は男子シングルス、男子ダブルスに出場し、結果は下記の通りとなりました。

・男子シングルス ベスト8

・男子ダブルス 銅メダル

 

肋の怪我が完治しないままの出場ではありましたが、中国の時に比べて良い状態であり、テニスの調子も良かったので、序盤は順調に勝ち進むことが出来ました!

しかし、シングルスベスト8決めの試合で完全に悪化してしまい、息を大きく吸うだけでも痛みが出るほどになってしまいました。

痛み止めを飲んだり、注射を打って頂いたりして出来る準備はしましたが、残念ながらシングルスのメダルを獲得する事は出来ませんでした。その中でも、チームスタッフの方々や日本選手団の医療スタッフの方にサポートをして頂き、ダブルスでは銅メダルを獲得することができました!男子チームの他の選手も、一人一人の活躍がポイントとなり、日本男子チームは総合で2位となり、銀メダルを獲得する事も出来ました!

日本選手団スタッフの皆さん、テニス競技総監督の右近さん、男子監督の宮地さん、男子コーチの三好さん、トレーナーの安田さん、学生連盟からサポートに来てくれた藤井、そして男子チーム選手のみんな、本当にありがとうございました!

この経験を必ず今後に活かしていきたいと思います!

 

今後の予定ですが、しっかり怪我を治すことに専念し、身体の状態を考えてスケジュールを立てていきたいと思います。

今後ともよろしくお願い致しますm(__)m

 

↑こちらは、表彰式に日本チームで撮った写真です^_^本当に素晴らしいチームでした!

 

 

 

それでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロテニスプレイヤー比嘉明人オフィシャルブログ|プロテニスプレイヤー比嘉明人オフィシャルブログ – Get the Dream