M15 Anning結果→日本リーグ2ndステージへ

こんばんは!

昨年末から続いた、香港1週、中国2週の遠征を終え、帰国しました。

中国最後の週の大会結果です。

 

M15 Anning(2週目)

シングルス本戦

1回戦 vs Ti CHEN[1]

6-2,7-5

2回戦 vs 田島尚輝

6-4,3-6,4-6

ダブルス本戦(ペア:SINHA(インド))

1回戦 vs LEE(台湾)・WONG(香港)

6-2,6-7(5),[8-10]

 

シングルスは、1回戦の第1シードとの試合では、ほぼ完璧な内容のプレーをすることができました。

先週の反省を生かし、まずサービスゲームを改善して、1stサービスの確率、1stサービスでのポイント取得率をかなり上げたことで、安定してキープすることができました。

また、フォアハンドも改善し、前の週よりかなり攻撃的に、且つローリスクでプレーすることができました。

2回戦では全日本以来の田島選手との再戦となりました。

結果的に、1stセットを取り2セット目もブレイクアップからの逆転負けという悔しい試合となりましたが、上手くいかないながらも最後までよく粘れた試合ではありました。

勝ち切ることができなかった要因として、サービス、フォア、バック、ネットプレー、それぞれで明確に課題が見つかりました。

どれもなかなか一筋縄とはいかない課題で少し時間はかかりそうですが、一つずつ地道に潰していこうと思います。

 

帰国後は、御支援いただいているGSチャレンジ財団様のテニス会に参加し、

その後、株式会社フィートインデザイン様の所へ新年の御挨拶へ伺いました。

新しく作っていただいたインソールもいただきました!

今回のものは、以前よりさらにグリップ力が増した新作で、シューズを履いた瞬間のフィット感、感触の気持ち良さが抜群です!

 

この後は、1/16〜20の期間で、横浜国際プールにて行われる、日本リーグ2ndステージに出場します!

日本リーグならではの雰囲気、好試合を生で味わうことができるので、この機会に是非会場まで足を運んでいただけたらと思います!

橋本総業ホールディングスチームHATの応援を是非宜しくお願い致します!

 

マレー選手、激戦でしたが惜しくも敗れてしまいましたね。。

彼の必死にボールを最後まで追い、感情を全面に出しプレーする姿には、本当に心を打たれ、応援したくなります。

マレーのような、試合を観ている人たちがつい応援したくなるような選手になりたいとずっと思ってきました。

彼ほどタフな選手が現役引退を決断するということは本当に厳しい状況だとは思いますが、最後にウインブルドンでもう一度、プレーする姿を見れることを、心から願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

テニスコーチ神谷勝則オフィシャルブログ|テニスコーチ神谷勝則オフィシャルブログ – Show's show time. –