グランドスラム大会に次ぐ格のビッグ大会、BNP パリバ・オープン(3月6日~17日、ATP/WTA共催)

3月10日、錦織圭(日清食品)の初戦である2回戦が行われ、錦織はA・マナリロ(フランス)に苦戦するが、6-4、4-6、7-6(4)、2時間34分の激戦の末に破り、3回戦進出を決めた。
3回戦は67位のフベルト・フルカチュ(ポーランド)と戦う。フルカチュはドバイ1回戦で錦織を破ったプレーヤーだ。(その時の記事:錦織 フルカチュに不覚

大坂なおみ(日清食品)の3回戦は11日の18時からになった。(日本時間12日の朝10時から)
対戦相手は今年の全豪オープンで4強入りした第25シード、アメリカのD・コリンズ(25歳)

第21シード、今年の全豪オープン8強のバウティスタ アグー(スペイン)を7-6(3)、6-4で破る金星を上げた西岡良仁(ミキハウス)の試合は2番コートの第4試合。大坂の試合と同じころ行われているだろう。
対戦相手は18歳のアリアシム(カナダ)。第9シードのチチパス(ギリシャ)を6-4, 6-2のストレートで破っている有望なプレーヤーだ。

錦織圭イメチェン 新髪型
「新しいファン獲得したい」

イメージの違う錦織圭

ファイナル・セットは5-5の自分のサーブをラブで落とし5-6の大ピンチに。

そこからは「ミスを減らして攻め」ブレーク・バックし6-6のタイブレークに。
タイブレークは2-2から4ポイント連取で6-2とマッチポイントを握る。
「大事なポイントが取りきれなかったが、タイブレークはいいプレーができた」と錦織。

避寒地だが、意外と寒く、ボールは快晴のときと比べると重く感じると言う。
標高の高さなどでなかなか思うようなプレーができていないようだ。

そんな環境になれるため、今年はダブルスにも出場するなど積極的な姿勢が見える。
昨年はこの大会に欠場しているので、勝てば勝つほどポイントが稼げる大会でもある。

髪型変えて登場、「イメチェン?」と言う質問に
「はい、新しいファン層を獲得するため」「60代70代(のファン層)を増やしたい」と答える。

でも「本当は帽子忘れただけです」とおとぼけな錦織圭だった。

BNP パリバ・オープン
96ドロー(128のドローをベースにトップ32名は1回戦がなく、2回戦から)
会場:Indian Wells Tennis Garden
現地時刻(時差 -17時間)

賞金(男女同額)
優勝:$1,354,010
準優勝:$686,000
4強:$354,000
8強:$182,000
4回戦:$91,205
3回戦:$48,775
2回戦:$26,430
1回戦:$16,425

オーダー・オブ・プレー
日程 チケット情報

◆女子$8,359,455 WTA Premier Mandatory
◆大坂なおみ、日比野菜緒、土居美咲
女子シングルスドロー
ダブルス 加藤未唯/二宮真琴 青山修子組出場
女子ダブルスドロー
日比野菜緒、土居美咲見事予選突破!
女子予選ドロー

◆男子 $8,359,455 ATP1000
◆錦織圭、西岡良仁、ダニエル太郎
男子シングルスドローnet版
男子シングルスドローPDF
ダブルス マクラクラン勉/シュトルフ組、西岡良仁組出場
男子ダブルスドロー
伊藤竜馬予選突破! 内山靖崇予選挑戦
男子予選ドロー

苦戦するが勝利した錦織圭

NHKBS1放送予定
ガオラ放送予定
WOWOWネット配信
WTAツアーは
DAZN

記事:塚越亘/塚越景子 写真photo W.Tsukagoshi/CanonEos7D