実業団の日本一を決める、第34回 日本テニスリーグの1stステージが12月5日(木)~8日(日)まで横浜国際プールと神戸のブルボン・ビーンズドームで行われる。

日本リーグは男子18チーム女子12チームがレッドとブルーブの2つのグループに分かれ、総当たり戦を行う。

1stステージではその半分の総当たり戦が行われる。
残りは2ndステージ、2020年1月15日(水)~19日(日)で行われる。
1st,2ndステージスケジュール(PDF)

ツアーや全日本で活躍している日本の男女トップ選手達のプレーが目の前で見られるチャンス。その上入場無料(日程及び会場)

そして、総当たり戦の成績、男子は上位8チーム、女子は上位6チームが2020年2月7日(金)~9日(日)、横浜国際プールで行われる決勝トーナメントで優勝を争う。決勝トーナメントスケジュール(PDF)

日本リーグはシングルス2試合、ダブルス1試合の合計3試合(単複重複不可)で争うチーム対抗戦。
全試合ベストオブ3タイブレークセット。ダブルスは1セットオールの場合は10ポイントマッチタイブレークで勝敗を決める。

昨年は男子三菱電機
女子橋本総業が優勝

優勝の三菱電機

男子は優勝三菱電機、準優勝イカイ、3位橋本総業。三菱電機が2年連続3度目の日本一になった。

女子は橋本総業が島津製作所を2勝1敗で破り、2年連続2回目の優勝を飾った。勝負は最終戦のダブルスに縺れる死闘の連続だった。(その時の記事:橋本総業激戦制し見事2連覇)橋本総業と島津製作所の決勝戦での対戦は2014年1月からこれで6年連続の顔合わせだった。

女子優勝 男子3位の橋本総業

テニス日本リーグは、実業団によるテニス団体戦。 日本リーグまでの道
全国各地域での予選を勝ち抜いた実業団が、2019/10/4(金)~6(日)、広島広域公園テニスコートでの全国実業団対抗テニストーナメントで戦う。
その成績で、男子は上位4チーム女子は上位2チームがテニス日本リーグの出場資格を得る。

記事:塚越亘/塚越景子 写真 鯉沼宣之/伊藤功巳/tennisjapan