ジュニア達に夢を「夢チャレンジ by 全日本男子プロテニス選手会」の第一回イベントが1月9日(土)にスポル大井町で行われた。

今回参加した現役プロプレーヤーは内山靖崇(積水化学工業、28歳)、関口周一(Team REC、29歳)、斉藤貴史(橋本総業、25歳)、川上倫平(あきやま病院、20歳)、川橋勇太(あきやま病院、22歳)など5人。
現役プロテニスプレーヤー達がジュニアの目の前で実戦練習、その後はジュニア達と実際にヒッテングなどを行い、プロのスピード、パワーなどを体感してもらった。

「プロ選手とテニスをすることによって、プロみたいなボールを打ちたい、プロになりたい、と思ってくれたらと『夢チャレンジ』の名前をつけました」と内山靖崇選手会会長。

内山靖崇プロ、関口周一プロ

「今の子供達は本当にテニスが上手いです!技術的に!
プロとテニスをすることでどんな事を考えながらテニスをしているのか、どうやったら上手くなれるかのヒントになれたら嬉しいです」。

「第1回夢チャレンジby全日本男子プロテニス選手会」無事終了しました!
僕達プロも参加したジュニア達からたくさんのエネルギーを貰いました!
ありがとうございました😊
ジュニア達もこの刺激、少しでもこれからのエネルギーにして貰えたら嬉しいです!
また開催しますので、是非参加して下さい!関口周一 Twitter

斉藤貴史プロ、川上倫平プロ

「プロと打っているときの子供たちの真剣で輝いている目を見て、開催して良かったと思いました」

関口周一プロ、川橋勇太プロ

夢チャレンジ


第一回夢チャレンジ1月9日のチラシ、今回は緊急事態宣言で実戦練習の見学は無しとなったが、プロとの実技には16名のジュニア達が元気に参加した。

一般社団法人 全日本男子プロテニス選手会
Japan Tennis Players Union
代表理事:内山靖崇
理事:仁木拓人、関口周一、斉藤貴史、西岡良仁、高橋悠介、島袋将
監事:松井俊英、山本衛(弁護士)
設立目的・活動方針
ファンクラブ会員募集
オフィシャルHP

「全日本男子プロテニス選手会」は、男子プロテニス選手の競技環境改善や競技力向上、イベント等によるテニスの普及活動などを目的とした一般社団法人で2018年12月に発足した。「日本男子プロテニス選手会」発足 錦織圭も賛同

記事:塚越亘/塚越景子 photo by 内山靖崇/関口周一