2月9日(火)、「全豪オープン」1回戦が終わった。

シングルス本戦出場の日本人選手女子は、大坂なおみ(日清食品)、日比野菜緒(ブラス)、土居美咲(ミキハウス)、日比万葉(グラムスリー)。
男子は錦織圭(日清食品)、西岡良仁(ミキハウス)、杉田祐一(三菱電機)、内山靖崇(積水化学工業)、ダニエル太郎(エイブル)と男女合わせて9名が出場したが、大坂なおみと日比野菜緒以外は全員1回戦で姿を消した。

大坂なおみ 強い!
貫禄勝利

2019年全豪オープンチャンピオンの大坂なおみがオープニングマッチに快勝した。
対戦相手は39位のA・パブリュチェンコワ(ロシア)。対戦成績は1勝1敗。
2019年大阪で行われた東レ・パンパシフィック決勝では大坂が勝ち、地元優勝を飾っている。(その時の記事:大坂なおみ、大阪で完全復帰

「ナーバスだったけど、大阪での経験が役に立った。
絶対にグランドスラム大会での1回戦では負けたくなかった」とチャンピオンとしての気迫で6-1、6-2とストレート勝ち。

「ナーバスで、昨日はちょっと眠れなかった。
勝ってハッピー。
皆さん来てくれてありがとう」。と観客に向かって挨拶。

2回戦では43位、フランスのC. ガルシア(仏)と対戦する。両者は初対戦。

日比野菜緒
気持ちで勝利!

調子は今一だったが、気持ちで勝ちを掴んだ日比野菜緒

肩の不調で前哨戦をプルアウトした日比野菜緒だったが、地元オーストラリア主催者推薦のA・シャーマ(25歳) を2-6、6-3、7-5で競り勝った。
「とにかく走る。
不調で理想のテニスできなかったが竹内コーチと気合で戦った」と1回戦を勝ち切った。

2回戦では、第20シードのM・サカリ(ギリシャ)を破った52位のK・ムラデノビッチ(27歳、フランス)と対戦する。

前哨戦は白、全豪オープンは赤でプレーの大坂なおみ

記事:塚越亘/塚越景子 写真 by H.Sato/TennisJapan