3月3日、オランダのロッテルダムで行われているATPツアー500 「ABN・AMROワールド」(ロッテルダムオープン)。

錦織圭(日清食品)は2回戦で23位のA・デ ミノー(22歳、オーストラリア)を6-3、2-6、7-5 のフルセットの激戦の末破り8強となった。錦織のツアー8強は2019年のウィンブルドン以来のこと。

錦織、1回戦ではツアー期待の20歳、第7シードのオジェ アリアシム(カナダ)を7-6(4)、6-1で破った。
その試合は錦織が「良いテニスができて嬉しい」と言うほどのテニスの質の高さが際立った勝利だった。

この2回戦では試合巧者のA・デ ミノーに手を焼き苦戦を強いられたが、緊張感のある接戦をものにし「レベルの高い相手とちゃんとテニスができたことが嬉しい」と充実感が味わえるテニスをした。

錦織は準々決勝で、B・チョリッチ(24歳、クロアチア)とD・ラヨビッチ(30歳、セルビア)の勝者と対戦する。
準々決勝は5日(金)の午後、日本時間では同日の夜中に行われる。試合の様子はWOWOWオンデマンドで視聴可能の予定。

第1シードはD・メドベージェフ(ロシア)、第2シードはS・チチパス(ギリシア)、第3シードはA・ズベレフ(ドイツ)、第4シードはA・ルブレフ(ロシア)だが、メドベージェフとズベレフは初戦である2回戦に敗れた。錦織、準々決勝ではメドベージェフと対戦になると思われていたが、27位のD・ラヨビッチが7-6(4)、6-4の接戦でメドベージェフを破っている。

錦織圭
レベルの高い相手とちゃんとテニスができた‼

錦織、デ ミノーとは2019年8月31日のUSオープン3回戦で対戦、2-6、4-6、6-2、3-6で敗れた。その時の記事:錦織圭20歳の守備力に敗れた
錦織はその試合を最後にツアーから離れ、10月に右肘の手術をしている。

USオープンを思い出すような大接戦。チャレンジャーの錦織が格上のデ ミノーを上回るプレーで第1セットを取る。

第2セットはデ ミノーが錦織の攻撃をかわしにかわし、その上のテニスで取り返す。

ファイナル・セットも凄い攻防だが、先に錦織が第2ゲームをブレーク3-0とリードする。

錦織、4-2のサーブ、錦織のドライブ・ボレーを返され0-40とピンチに!
ブレーク・ポイント4つあったが、錦織は2回のデュースの末に、フォアの逆クロスウイナーでキープ5-2。

凄い試合だ。デ ミノーは本当に良く返す。返すだけでなく、そこから反撃する。まだまだわからない。

錦織5-3のサービング・フォ・ザ・マッチ、40-30と錦織はマッチポイントを握るが、11回のラリー戦後デュースに持ち込まれ、ブレークバックされる。

タイブレークに縺れるか?と思われた試合だったが、錦織は土壇場でバックのパスなどを決めて勝ち切った。

錦織圭 vs デ ミノー 大接戦動画

「エクサィテッドな試合だった。
タフで諦めない相手に対して最後は思い切りいけた。
レベルの高いプレーヤーたちと、やっとちゃんと試合ができるようになってきたので、嬉しい」
錦織圭完全復活を近くに感じられる試合だった。

試合後のインタビュー

https://twitter.com/i/status/1367145223990767622

錦織圭全成績

€1,117,900 ロッテルダムオープン
ロッテルダム, オランダ
3/01 – 3/07, 2021

Facebook
Twitter
インスタグラム
TennisTV

オーダー・オブ・プレー
ライブスコア

シングルスドローnet版
シングルスドローPDF
錦織はマクラクラン勉(イカイ)と組んでダブルスにも出場したが、第3シードのクールホフ(オランダ)/クボット(ポーランド)組にファイナル・セットのスーパータイブレークに縺れる接戦だったが6-10で惜敗した。
ダブルスドロー
ダブルスドロー

2019年のウィンブルドン以来の8強決めた

記事:塚越亘 塚越景子 写真:「ABN・AMROワールド」