6月22日 今年3つ目のグランドスラム大会「ウィンブルドン」が6月28日(月)より始まるが、その予選が1週間前の6月21日より始まっている。

日本人男子は内山靖崇(積水化学工業)、伊藤竜馬(橋本総業)、望月慎太郎(Team YUKA)、添田豪(GODAI)の4人。
女子は奈良くるみ(安藤証券)、日比万葉(グラムスリー)、村松千裕(グラムスリー)の3人が出場する。

予選初日は雨で中止、22日に男女の1回戦が行われ、内山靖崇、伊藤竜馬、望月慎太郎、日比万葉は勝ち2回戦に進んだが、添田豪、奈良くるみは残念ながら敗れた。
村松千裕の1回戦は23日に行われる。

予選は男女とも128ドローで争われ、3試合に勝った各16名が本戦に出場できる。

ウインブルドンの予選は、本戦会場から約3km離れた、ローハンプトンにあるイングランド銀行のテニスコートで行われる。(他のグランドスラム大会予選は本戦と同じ会場で行われるが)

内山靖崇、予選1回戦勝利

「内山靖崇選手 vs Ryan Peniton 3-6 6-2 6-4
ウィンブルドン予選1回戦勝利しました!!
予選2回戦の相手はD.セラ選手(イスラエル)です!
ぜひ皆さん内山靖崇プロの応援よろしくお願いします‼️」MTS テニスアリーナ三鷹

内山靖崇、2年前のウィンブルドンでは、なんとグランドスラム大会シングルス予選15度目の挑戦で初の本戦入りを果たした!!!!!!
縁起の良い大会
頑張れ内山靖崇

内山靖崇15度目の正直 杉田祐一もウィンブルドン予選突破!

2021ウィンブルドン本戦
錦織圭、西岡良仁、杉田祐一、
土居美咲、日比野菜緒

大坂なおみ(日清食品)は欠場。

本戦ドローは6月25日(金)朝10時からのドローミーテングで決まる。ドロー

内山靖崇、増田健太郎コーチ

記事:塚越亘/塚越景子/協力:大坪宏寿M.Otsubo photo/増田健太郎