1月7日 錦織圭(フリー)が17日に開幕する全豪オープンおよび前哨戦を欠場することを発表した。

「みなさま、あけましておめでとうございます。
2022年が健康で幸せな年になりますように!!!!!!
実は昨年末から腰の痛みに悩まされていました。
まだ100%の回復に至っていません。
なので、全豪オープンとその前哨戦は出場しないことを決めました。
全豪オープンは僕にとって『ホーム』のように感じているグランドスラム、とても残念。
来年が待ち遠しいです。
できるだけ早くコートに戻れるように全力で頑張ります。
いつも応援ありがとうございます」。錦織圭

2021年シーズン、錦織は9月のATP250サンディエゴ大会開幕直前の練習中に「腰をピキッと・・・・・・」やってしまい欠場。
10月のATPマスターズ1000インディアンウェルズ大会はギリギリで治り出場、1,2回戦を戦う。
「そこで長い試合をしちゃって。
それがダメージになって・・・」股関節を痛め、その後に予定していた3大会を欠場。

錦織圭 3時間激闘惜敗 ダニエル太郎も惜敗 青山修子/柴原瑛菜組8強


そのままシーズンを終えた。錦織圭 2021年全成績

2月以降の錦織の予定は:
2月7日からアメリカダラスで行われるATP250 「ダラス・オープン」
2月14日からのATP250 「デルレイビーチ・オープン」に出場を予定している。

UNIQLO テニスイベントでの錦織圭

記事:塚越亘/塚越景子 写真H.Sato/TennisJapan