全日本テニス選手権からその後

こんばんは!

遅くなりましたが全日本選手権のことについて書かさせていただきます!

 

シングルス本戦

1回戦 vs 小林雅哉選手

4-6,6-3,6-4

2回戦 vs 今井慎太郎選手[6]

6-7(4),2-6

今大会は、決して万全な状態で入れたというわけではありませんでしたが、そのような良い状態で臨める試合は年間を通してほとんどないのが当たり前なので、

どの相手と対戦しても、落ち着いて作戦を立て、自分のやるべきことをやるだけだと力は抜けていました。

それでもやはり試合になると、1回戦の1stセットは特にとても緊張しました。

足が思うように動かず無駄なミスがとても多く出てしまいました。

相手も試合巧者だったので、ゆったりとした自分のペースで粘り強く、嫌なテニスをされました。

しかし1stセットはとりあえずどうにか悪いながらも1ブレイクダウンのまま最後も粘って付いていけたのが、大きかったです。

2ndセットからは、それまでとは戦い方を変え、思い切りよく戦うことができ、段々とギアも上がっていって、自分の持ち味を出し切ることができました。

3rdセットでも、1ブレイクダウンからの苦しい展開でしたが、終始落ち着いていました。

(すごい体勢の瞬間を寺尾さんに撮っていただきました笑)

 

2回戦でも、プレーは決して悪くありませんでした。

先にブレークされてからも慌てずしっかりと組み立てタイブレークまで持っていくことができましたし、よく落ち着いてプレーできていました。

ですが結局はやはりなかなか先にリードを奪えなかったこと、肝心のタイブレークに入ってから押しきれなかったこと、2セットも先にブレークを奪ったものの守れなかったこと、課題は詳しく言えば多々ありますが、相手の方が思い切りの良いテニスをしていて、自分はまだまだでした。

 

男子ダブルス本戦

1回戦 vs 仁木拓人選手・今井慎太郎選手[1]

4-6,2-6

今大会では1つ年上の早稲田の先輩で学生の時もペアを組んでいただいていた、中島啓選手と組みました。

プレーは悪くなかったですが、1stセットでブレイクポイントなど大事なところを取りきれなかったこと、2ndセットでは少し引いてしまったところが反省点でした。

 

混合ダブルス

1回戦 vs 田中優之介選手・清水綾乃選手

6-0,5-7,[6-10]

今年も、妹の恭香とペアを組ました。

1stセットはとても息の合った良いプレーができましたが、2ndセットからは、よくリードされてから粘れたものの、お互い焦りが目立ちあまり落ち着いてポジティブにいけなかったので、そこがもったいなかったです。

 

なかなか今年も良い結果を出すことはできませんでした。

しかし以前よりは確実にテニスは良くなってきており、今年で一番良い状態になってきていることは事実なので、焦りはありますが、慌てずしっかりと前を見据えて地道に努力していきたいと思います。

全日本の後、兵庫ノアチャレンジャー、ダンロップスリクソンワールドチャレンジと、2週チャレンジャーに出場しました。

そして、現在はベトナムに来ています。

明日、次の記事で神戸と豊田でのチャレンジャー2大会について書かさせていただきます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

Step by step|Step by step