Darwin $25,000 Futures

 

こんばんは!

オーストラリアの会場のコートはどこもきれいで、面数がとても多いです。

多少コートが斜めっていたり風が強かったりはしますが、良い環境です。

昨日投稿させていただいたケアンズの会場も良かったですが、ダーウィンの会場の施設はできて間もなく、とても立派できれいなところでした。

全体はこのようになっています。

(Tennis NTのFacebookページより)

 

ダーウィンでの結果です。

 

ダーウィン,オーストラリアF6フューチャーズUS$25,000

シングルス本戦

1回戦 vs Connor FARREN(USA)

6-3,6-7(4),2-6

ダブルス本戦(ペア:Lucas VURADIN(AUS))

1回戦 vs DELANEY・SHEPHEARD(AUS)

6-1,6-1

2回戦 vs CAVRAK・SWEENY(AUS)

6-2,3-6,[18-16]

準決勝 vs BEALE・FANCUTT(AUS)

3-6,6-7(2)

 

シングルスは1回戦敗退、ダブルスはベスト4という結果でした。

シングルスでは、6-3,5-2までは完璧な流れで進められていて、あと5-3のサービスゲームをしっかりとキープするだけでした。

しかし30-30までもつれた後、ダブルフォルトとリターンエースで落としてしまい、その後も粘りましたが、完全にこちらのものだった流れを相手に渡してしまいました。

悔やまれる結果となりましたが、実際我慢ができていたためそこまでリードできていたものの内容自体は決して良かったわけではなく、流れを引き戻せなかったので、テニスを見直す機会となりました。

ダブルスでは、シングルスの悔しさを晴らし良いプレーができました。

特に準々決勝では、大激戦となりましたが、相手の5本のマッチポイントを凌ぎ切り、ペアとお互いを鼓舞し合って勝つことができました。

とても嬉しい勝利でした。

準決勝は2ndセット先にブレイクアップし押していたものの、後半のサービスゲームをキープし切れず、再び訪れたブレイクポイントではリターンを通せず、と実力不足が露呈してしまったので、その点はしっかりと反省しました。

これで2大会を終え、オーストラリア遠征も折り返しとなりましたが、濃い時間は過ごせているもののまだ満足のいく結果は残せていないので、あとは結果に貪欲にファイトしていきたいと思います!

現在はブリスベンに移動し、火曜日から本戦スタートです。

応援宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロアスレチックトレーナー武井敦彦オフィシャルブログ|プロアスレチックトレーナー武井敦彦オフィシャルブログ – 情熱のトレーニング –