1月22日 「2022 全豪オープン6日目

ダニエル太郎(エイブル)の全豪オープンでの快進撃は次世代のトッププレーヤー20歳、世界10位の J・シナー(イタリア) に4-6、6-1、3-6、1-6で敗れ残念ながら終わった。
戦後、松岡修造、錦織圭に続き日本男子3人目のグランドスラム大会ベスト16入りの快挙はならなかった。

セットオール、勝負のかかった第8ゲーム、ピンチからデュースに持ち込むと、ダニエル太郎はなんとダブルファーストサーブを放つ。
勝負をかけたダブルファーストはフォルトになった。
「マックスのリスクを冒してプレーしたら、今までにないミスになってしまったが、あれは、やってよかったと思う。
結果的に流れはもっていかれたけど、次にトップ選手達とやった時に、この場面では『絶対粘ってくる』と思っているところに、ダブルファーストを打ったりしたら、相手のリズムを崩せると思うし、今日は(失敗し)効かなかったけど、これから効いてくることがあると思う」とダニエルは敗戦を糧にさらなる高みを求めたテニスをしていた。

予選3試合をストレート勝利で本戦に勝ち上がり(厳しい予選突破だけでも凄いことだが)、本戦1回戦、2回戦もストレートで勝利、特に2回戦では元世界No.1、金メダリストに2回、ウィンブルドンも2回優勝している超しぶといプレーヤーの アンディ・マレー(イギリス)の実績に臆せることなく、ストレートで破る快挙は素晴らしかった。

ダニエル太郎
テニス進化 覚醒

<<男子3回戦>>
ダニエル太郎 4-6 6-1 3-6 1-6 ◎J・シナー
試合データー

第1セット
ダニエルのサーブからスタートしたオープニングゲーム、
ファーストサーブの確率が悪く、いきなりサーブ落とす。
そして第3ゲームのサーブも落とし0-3という嫌なスタート。

第4ゲームで30-40とブレーク・バックのチャンス。
深いボールをシナーがミス。1つブレーク・バックに成功する。

続くサーブはラブでキープし2-3とするダニエル
「入れ返すことで自分の良さが出せる」とスピンの効いた軌道の高いボールで返球、ペースを掴むと第6ゲームもブレークに成功。
3-3とした‼

これからと思ったが、直後のサーブをシナーの強力なショットで攻められ、ラブで落としてしまった!

5-4、シナーのサービング・フォ・ザ・セット、
初のダブルフォルトなどで0-30とするが、40-30とセットポイントを握られた。
なんとシナーはまたダブルフォルト。
デュースに持ち込み、チャンスがくるかと思ったが、シナーはTへサービス・エース、
そしてグランド・スマッシュを決め6-4でシナーが取る。

ダニエルは粘り強くプレーしていったが、第1セットを落とす。

第2セット

ダニエルのサーブ、
シナーのスーパーショットなどでデュース後にブレーク・ポイントを握られたが1-0とキープ。

なんとシナーは40-0からダニエルにリターン・エースを決められるなどデュースの末にサーブを落とした。
ダニエル2-0とリードだ。

第3ゲームでブレーク・ポイントをダニエルは握られたが走り負けず、ナイス・キープで3-0。

お互いのドロップ・ショット合戦などを制し、ダニエルがまたシナーのサーブをブレーク。
サービス・エース級を決め5-0とする。

5-1、ダニエルのサービング・フォ・ザ・セット、
サーブからクロスをオープンに決め、40-15とセットポイント。
シナーのリターンがロングになり、ダニエルが6-1で取り返えした。
ダニエルものってきている。いいぞ、その調子だ。

第3セット

前に出てきたシナーをフォア強打で沈め、15-30とするがシナーが1-0とキープ。

ダニエルのサーブ、こんどはシナーが30-40とチャンスを作るが、
ダニエルは攻められるが逆襲し、ナイスキープ。1-1。

シナーは0でキープ、2-1。

1-2、ダニエルのサーブ、15ー0。
ダニエルが打ったフォアが、とんでもなくアウトした。
すると、シナーが、ボールの空気が抜けていると申告する。
黙っていれば、そのままシナーのポイントになるところなのに。

お互いの健闘を称え合う ダニエル太郎とシナー

やり直しのポイントはダニエルが取り、30-0、そのままダニエルはサービスゲームをキープした。

シナー、20歳の若さなのに、見事なフェアプレー精神!!!!!!!立派!!!!

ダニエルの3-4のサービスゲーム、
ダイエルの勝負をかける意気込みが凄かった。

勝負をかけたフォアが僅かにワイドになるなど、0-40となるがデュースに持ち込む。
1回目のデュース、ファーストサーブはフォルトになると、
なんとセカンドサーブも勝負をかけてダブルファーストサーブを放つ‼

「シナーがすごくレベルを上げてきた。
最初にスーパープレー続けられて0-40になってしまった。そこでマックスのリスクを冒してプレーして、デュースに戻した。

もう一度リスク覚悟でプレー(ダブルファースト)したら、今までにないミスが出てしまった。結果、流れはもっていかれたけど、あれは、やってよかったと思う。

例えば次にトップ選手達とやった時に、この場面では『絶対粘ってくる』と思っているところに、ダブルファーストを打ったりしたら、リズムを崩せせると思うし、今日は(失敗し)効かなかったけど、これから効いてくることがあると思う」勇気を持って、次のレベルに上がる為の選択だったのだ。

このゲーム、ダニエルは0-40から合計4本のブレーク・ポイントを凌いだが、2度目のデュースで5度は防げずサーブを落とす。

勝負の分かれ目となったこのゲームを落とし、ダニエルは3-5となってしまう。

シナー5-3のサービング・フォ・ザ・セット、40-15のセットポイント。
ここでもダニエルは粘り、デュースに持ち込む。
デュース2回、4度目のセットポイント、シナーはリバース気味なサービス・エースを決めた。
勝負どころをシナーが6-3で取った。

第4セット

ちょっと脚にきたか、ダニエル、30-40からネットへダブルフォルトで0-1。

シナーは15で2-0とキープする。

「さすがトップ10!
ちょっと疲れてたなという時に、ぐっとレベルを上げてきたのはすごかった。
『なんじゃこれ』と正直思った」とダニエル。

第2、第3セットは押し続けたら、「崩せる可能性がある」かなと思ったが、そこでトップ10のシナーは立ち直ってきた。

ダニエル、1-5のサーブ、
パスを抜かれ30-30、リターンを叩かれ、30-40とマッチポイントを握られる。
2度のマッチポイントはしのぐが、2度目のデュース、3度目のマッチポイントを決められダニエル太郎は敗れた。

ナイスファィトの二人に拍手、拍手、拍手が続く。

「マレーの時にやったことが、たまに効いたり効かなかったり、マレーの時に効いていたものがシナーの時には効かなかった。
自分が足りない部分も感じたし、彼のテニスも良かった。そこら辺もまた修正していき次に生かしていきたい。」
2時間41分の激戦。

ダニエル太郎のテニスが変わった、覚醒していた。
それはポイント、ポイントごとにその時の勝ち負けではなく、高いレベルに成長したいと言う気持ちでプレーしている積み重ねからだろう。

ダニエル太郎 (エイブル)
1993年1月27日生れ
身長191cm 体重80kg
出身地: 米国ニューヨーク
父はアメリカ人のポール・ダニエルさん
母は日本人の泰江(やすえ)さん。
父が入っていたむさしの村ローンテニスクラブ(埼玉県加須市)でテニスを始める。
小6、12歳までは日本で育つ。
父の転勤にともなってスペイン、バレンシアに移住。
そこのテニスアカデミーで、世界4位のフェレ-ルをはじめスペインなどトップ選手(サフィンもいた)とともにトレ-ニング。
出身校: 久喜市立太田小 – 名古屋国際学園中 – ローラルスプリングスクール高卒
プロ転向: 2009年2月
テニスを始めた年齢: 5歳
コーチ: 高田充(JTA)
ダニエル太郎Twitter
ダニエル太郎 インスタグラムダニエル太郎ATPデーター
ダニエル太郎 2022年全成績
ダニエル太郎ITFデーター
ダニエル太郎 グランドスラム大会成績

ダニエル太郎のテニス 覚醒

ダニエル太郎 弱気克服 ジョコビッチ破る(2018年インディアンウエールズ記事)
ダニエル太郎 強さの秘密は 自然体な人柄

2022 全豪オープン
本戦: 1/17(月) – 1/30(日)
予選: 1/10(月) – 1/14(金)
全豪オープン Twitter
全豪オープン Facebook
全豪オープン YouTube
全豪オープン インスタグラムオーダー・オブ・プレー
ライブスコア

<<男子シングルス>>
西岡良仁、ダニエル太郎出場
男子本戦 ドロー 本戦ドローATP版
男子ダブルス ドロー

<<女子シングルス>>
大坂なおみ、土居美咲、日比野菜緒出場
女子本戦 ドロー 
女子ダブルスドロー
ミックスダブルス ドロー

<<予選ドロー>>
ダニエル太郎、内山靖崇、添田豪、綿貫陽介、
男子予選ドロー
日比野菜緒、本玉真唯、奈良くるみ、 宮崎百合子、内藤祐希
女子予選ドロー

記事:塚越亘/塚越景子 photo H.Sato